株式会社名古屋産業大学グリーン・ソーシャルビジネス(名産大GSB)は、 学生が環境ビジネスを実践的に学び、 低炭素社会の実現に貢献する場として、2011年3月の設立以来、環境ビジネス関連企業の方々を大学に招いて、 環境ビジネス講座を定期的に開催するとともに、そこで得た知識等を活用し、学生が中心となった事業活動に取り組んできました。

本年度においても、「LED照明導入の効果」をテーマに、照明LED化の提案活動を行うことを軸にして、名古屋産業大学のビジネストレーニングプログラム科目のひとつであるインターンシップGSBを通じた実践型学習を行います。

今回は三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の松田理恵氏をお招きし、「CO2のクレジット化と販売」というテーマで、J-クレジット制度やカーボン・オフセット、近年注目を集めている「SDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))」、二国間クレジット制度などについてお話しいただきました。

また、後半では、大学と企業が連携してエコ商品を企画し、どのように売り出せば地球温暖化対策として注目されるかというテーマがだされ、学生がグループに分かれ、ディスカッションと発表が行われました。