株式会社名古屋産業大学グリーン・ソーシャルビジネス(名産大GSB)は、 学生が環境ビジネスを実践的に学び、 低炭素社会の実現に貢献する場として、2011年3月の設立以来、環境ビジネス関連企業の方々を大学に招いて、 環境ビジネス講座を定期的に開催するとともに、そこで得た知識等を活用し、学生が中心となった事業活動に取り組んできました。

本年度においても、「LED照明導入の効果」をテーマに、2つの自治体、企業に提案活動を行うことを軸にして、名古屋産業大学のビジネストレーニングプログラム科目のひとつであるインターンシップGSBを通じた実践型学習を行います。

今回は三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の松田理恵氏をお招きし、J-クレジット制度とカーボン・オフセットについてお話しいただきました。
J-クレジットは、温室効果ガスの排出量削減・吸収量を国が認証する制度のことをいい、認証された削減・吸収量は環境価値としてクレジット化し、売却することができます。

講義前半では、既存の建物にLED照明設備を導入したという仮定で、導入前と導入後でどのようにCO2排出量が削減されるのかといった計算を行いました。

講義後半では、カーボン・オフセット(削減が困難なCO2排出量を外部で発生したクレジットを購入することでCO2排出量の埋め合わせること)を中心に講義が実施されたほか、カーボン・オフセット付パンの商品開発について、どのようにすれば販売促進できるかの実習課題がおこなわれました。
学生からはさまざまなアイデアがだされ、一人ずつ発表がされました。

松田氏による講義

松田氏による講義

20150601_033551_DSC02522

学生による発表