株式会社名古屋産業大学グリーン・ソーシャルビジネス オフィシャルウェブサイト
名古屋産業大学グリーン・ソーシャルビジネス(名産大GSB)は、大学生が実務を通して低炭素社会の実現に貢献する場です。 大学生が名産大GSBの社員となって会社を運営し、CO2をテーマとしたソーシャル・ビジネス(社会的事業)を展開します。

名古屋産業大学は、全国唯一の環境情報ビジネス学部を設置し、環境とビジネスの知識を複合的かつ実践的に学べるカリキュラムの 充実や、学生の就業力を育成する観点から、企業や地域等と連携した「共育課程」の編成に取り組んでいます。 また、東海3県の小・中学校、高等学校を主な対象として、「CO2濃度マップに基づく環境教育」を推進しています。

名産大GSBは、名古屋産業大学が目指す「共育課程」の一環となるもので、「CO2濃度マップに基づく環境教育」の全国的な普及を目指す 一般社団法人日本CO2濃度マップ普及協会に参画する企業経営者の協力を得て、設立に至りました。

PAGETOP